コンテンツ作成必須事項について

いきなりコンテンツを作成していくには、
何からしたらいいかわからないですよね。



コンテンツ作成に入る前に、前提として以下の2点は必ず行っておきましょう。

・3C 分析
・コンテンツを作る目的を明確にする


○3C 分析
マーケティングの基本、3C(Customer顧客、Competitor競合、Company自社)、この三つの要素から市場環境を調査します。



◉Customer顧客:ユーザー像を明確にする(ペルソナの作成)

コンテンツマーケティングでは、自社の見込み客が何を求めているのか知る

ことが大変重要です。

そのためにはターゲットとなるユーザー像を明確にしなければなりません。

ペルソナの設定が必要になってきます。

ペルソナを作ることで、見込み客の抱えている悩みや知りたい情報をイメージしやすくなります。



どんな人にコンテンツを購入してもらいたいのか?




コンテンツを購入していただいてどのように変化してもらいたいのか?





明確にターゲットを選定する事が必要です。





◉Competitor競合:競合を知る



キーワード選定で後述するコンテンツSEO的な競合調査とは別に、ここでは競合企業のビジネスについての調査です。



どのようなビジネススタイルで、どんな結果を出しているのか。


強みや弱み、特徴は何か。自社へと活かせるものはあるか。



様々な要素から検討すれば、競合と自社の「違い」が見えてきます。



同じ業種のコンテンツを販売するなら、他者を理解していないと販売しても売れませんね。



内容を調べておくことも必要ですね。



◉Company自社:自社の分析
コンテンツを作成する前に、必ず行うべき手順の一つが自社の分析です。


改めて、自社のサービス・商品をしっかりと把握してください。



自社の商品やサービスの強みを明らかにすれば、競合他社との差別化戦略や、ユーザーに届けるべきコンテンツがどんなものなのか、おのずと見えてきます。



商品が他者とどのように違いがあるのか?
より価値提供できる商品になっているのか。



何度も何度も作り込んで思考錯誤していきましょう!!




○コンテンツを作る目的

何のためにコンテンツを作るのか明らかにしましょう。




販売の媒体作成。コンテンツマーケティングの根本的な目的は見込み客の増加です。



ただ、見込み客増加を目指しながらも、各々、達成したい目標があるはずです。



・見込み客
商品・サービスを知っていて、買ってくれる見込みのある人。




・潜在顧客
商品・サービスの存在を知らないが、知れば見込み客になってくれる可能性のある人。



見込み客となりそうな潜在層を獲得するために、サイトを訪れるユーザー増加を狙ってコンテンツを作成する。





◉CV(コンバージョン)増加
流入・集客というよりは、その先のコンバージョン(購入、ダウンロード、資料請求やお問合せなど)を目指すためにコンテンツを作成。言い換えれば「既存顧客」に近いユーザーを呼び込むことが目的です。




エデュケーショナル型のコンテンツは、情報を提供することで、サービスや商品をユーザーに深く知ってもらい、CVへ繋げるというもの。



広くユーザーに知ってもらうという認知の段階以外ではあまりSEOは重視しないというのが特徴的です。







【コンテンツを作成する5ステップ】

1.目的設定と目標設定
・読み手が抱える問題
・読み手の目標
を作り「読み手の現状」からルートを作っておく。




2.アウトラインを作る
アウトラインとは?
あらすじや概要の意味で使う言葉。

全ての考えを整理してまとめることを強制することによって、
結果的に政策スピードをあげて途中で編集する手間を省いてくれる。




3.強烈なコンテンツアイディア
・独自の視点でつくられたコンテンツ
・興味深い角度で作られたコンテンツ
・実行可能なプロセス
・段階的プロセスを含める
・事例を使用する
・わかりやすい言葉、表現を使う
・信頼性をあげる
・体験を入れる
・宿題を入れる





4.肉付けを意識してコンテンツを作成する
ポイントは5W1Hを意識すること。

・Who(だれが)
・When(いつ)
・Where(どこで)
・What(なにを)
・Why(なぜ)
・How(どのように)




5.誤字・脱字などミスを修正する

いかに価値提供できるか?

大切な事を抑えていけば、
価値提供のできるコンテンツが作成できますね!!







詳しい概要はこちらをよかったら見てください。
⇩⇩⇩
https://note.com/n_ace/n/n77379ab69713