コンテンツ販売とは

コンテンツ販売って聞いたことありますか?

簡単に言うと独自のコンテンツを作って販売ですね。


自分の得意分野で作成していく。


要は知識をまとめ上げて
販売していくことです。


さまざまな事に視野を広げていると
これは間違いなく伸びるし、
時間も取られず収益化が大きく見込める。


『オンラインコンテンツ販売』

SNSを使って自分で作ったコンテンツを自動化して
販売していく事ですね。

今では、さまざまなジャンルで販売されてます。


副業、恋愛、投資、ビジネスマインド、SNS運用など。

得意な分野、好きな分野でコンテンツを作成していけば
良いと思います。




在庫を持つ事もなくコンテンツを自分で作成するため
利益率もほぼ100%。



販売を自動化にすれば、本業してる時間も寝ている時間も
関係なく商品は売れていきます。


時間がある時にどんどんコンテンツを作成し、
仕組みを作り販売していけば収益に無限の可能性があると実感しました。


より多くの方にオンラインコンテンツ販売の可能性を感じていただき、少しでも行動していただきたいです。


オンラインコンテンツ販売は、まだまだ「先行者利益」が取れる領域です。


オンラインコンテンツ販売にいち早く取り組むことが、あなたの人生を変える最短ルートになると確信してます。


自分もオンラインコンテンツ販売向いているのか?

オンラインコンテンツ販売の良い面ばかりを伝えていたので、

「こういう方には合わないかも」という点をしっかり伝えます。

1,今の生活に満足している人には向いていないかも


「今の生活を本当に変えたいですか?」ということです。

オンラインコンテンツの販売は、

非常に『再現性』が高いです。

必要な知識を学び実践することで、誰にでも大きな収益化を行うことが可能であることは間違いありません。


しかし、一つだけ条件があります。




それは、
「今の生活を本当に変えたいと思っているかどうか」です。

■オンラインコンテンツ販売に向いている人
・今の収入に満足してない。
・自分のため家族のために収入を増やしたい。
・自由な時間を増やしたい。
・家族や趣味に費やす時間を作りたい。

■オンラインコンテンツ販売に向いていない人
・今の収入に満足していて、特にお金に困っていない
・時間もたくさんあって、趣味の時間も取れているから満足している


正直に言うと、後者のような方には、お勧めできないと言うことです。

オンラインコンテンツを作るためには、能動的に動く必要がありますし、何か目標がなければ良いアイデアを生まれません。




本気で取り組める人には向いてます。


そして今の時代は、YouTubeやTwitter、Instagram等を使うことで、個人でも大きく稼げるようになりました。


何十億円、何十億円稼ぎたい方や、どうしても成し遂げたい野望がある方は、Startup型の起業をしても良いと思います。



ただ多くの方は、Small Bussiness型の起業でも、
十分すぎるくらい大きな成功が得られると思います。


それでは、オンラインコンテンツの作り方を解説していきます!

気になる方はぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。


オンラインコンテンツの作り方
それでは本題に入っていきます。


ここまで読んでくださった方は、
「私も何か自分の商品を作りたい!」と思っているのではないでしょうか?



まず最初にぶち当たる壁が、
「でも、何の商品を作れば良いか分からない」ですよね。

私も最初は、まさに同じ悩みを持っていました。



巷に出回っている教材は「自動で売る仕組み」「Lステップで自動化」のような自動化する部分に特化した教材ばかりで、商品の作り方に関するノウハウが全然出回っていないんですよね。


人それぞれで最適な商品の作り方が変わるので、「これだけ覚えておけば大丈夫といったアイデアの作り方が無い」ということが一つの原因だと思います。


ただそれだと、せっかく自分の商品作りの興味を持ってくださった皆さんが一歩踏み出せないので、「0から商品のアイデアを生み出す思考術」を解説していきます。


ここで出た案をもとに、ブラッシュアップしていくことで、
商品ができること間違いなしです。


それでは解説していきます!

今日この場で実行はしなくても良いので、まずは最後まで読んで見てください。


【アイデアの生み出し方の手順】

1,どんなノウハウを提供できるか徹底的に書き出す
2,商品開発のテンプレの質問に答えていく
3,思いつかなかったらインプットを増やす
4, 既存の商品を調べる
5, 差別化ポイントを考える
6, 周りの友達に話してみる
7,SNSで周りの反応をチェック

 

まずはアイデアを発散させていきます。


何にも頼らずに自分が提供できそうな、ノウハウをひたすら紙に書き出していきましょう。

ここはパソコンやスマートフォンではだめです。

パソコンのメモ帳だと丁寧にまとめようとしてしまうんですよね。

そのため、自分の思考を発散させるためには、自分が思ったように書ける紙がおすすめなんです。


無駄な情報も入ってこないので、集中できる利点もありますよね。

この際のポイントとして、思いついたアイデアは、全て書き出してください。実績等にも全くこだわる必要はありません。


単体では微妙と思ったアイデアでも、他のアイデアと組み合わせると、価値が出る場合もあるので、まずはひたすら書き出してください。


2,商品開発のテンプレの質問に答えていく


ここからは、自分では思いつかなかったアイデアを発想するために、フレームワークを使っていきます。

以下の質問に答えていってください。

・あなたがTwitterのフォワーや友達に、よく質問されることは何ですか?
・あなただけが知っている秘密はありますか?(例:案件獲得の秘策等..)
・今週一番辛かったことは何ですか?
・今週一番時間を使ったことは何ですか?
・今、一番ハマっていることは何ですか?
・あなたが行っている稼ぎ方を一覧化してください。

これらの質問に答えた内容は、あなたが他の人よりも勝っている部分であり、周りの人があなたに求めている情報になります。




「でも、これみんな知ってるようなことだよなあ」と思っても大丈夫です。

そこに少しスパイスを追加してあげるだけで、
グッと商品は魅力的になります。


 3,思いつかなかったらインプットを増やす


全くアイデアが浮かばなくても全く落ち込む必要はありません。

普段アイデアを出す機会なんて滅多にないのですから、アイデアが出なくて当たり前です。

アイデアを生み出すための、第一歩は「ひたすらインプット」です。

インプットが大切って、何度も過去に聞いたことがあると思います。

今回は「何故インプットが重要なのか」を解説し、皆さんに納得してインプットに励んでいただきたいと思っています。


結論から言うと、

実は、「アイデアは既存の要素の新しい掛け合わせに過ぎないから」です。

アイデアを生み出せる人というのは、「既存の要素の関連性を見つけ出し、新しい組み合わせを見つけられる人」なのです。

インプットの量を増やすことで、新しい組み合わせを見つけ出す能力が向上していくのです。

そして、このインプットには二種類あり、どちらも非常に重要です。

1. 特化したインプット
2. 一般的なインプット


一般的な知識を集めて自分の引き出しを多くしておくことで、
今後のアイデア出しの思考の幅が広がります。


大学の授業の一般教養が重要な理由も、実はここにあるのです。

しかし、一般的知識の獲得は、一朝一夕で行えるものではありません。

日頃から本を読んだり、新しいことを学んだりして、自分の引き出しを最大限増やしておきましょう。




読書、インターネットの情報、YouTube、Twitterなどさまざまな媒体でインプットは可能です。

インプット本当に大事です。


4, 既存の商品を調べる


ここからは、アイデアを収束させていきます。


良いアイデアを作るためには、発散→収束→発散→収束→発散→…の繰り返しが、超重要です。

ここまでアイデアを出してきたので、自然と皆さんの頭の中には、
「〇〇」と「××」が良さそうという考えがあるのではないでしょうか?

自分で良さそうだなと思ったアイデアを、2〜3個選びましょう。

他の人が考えたアイデアと完全に被ってしまうのは避けたいので、選んだアイデアに関して調べていきましょう。

調べるときは「Google検索」「Twitter検索」などで調べていきます。

Google検索で検索すると、Noteやブログが出てくると思います。

出てきた商品は、PCのメモ張などで保存しておきましょう。


商品の概要、特徴、金額、URLあたりを網羅的に調べていきます。



金額は、自分の商品を売る際のプライシングを行うときも使える情報ですので、忘れずにメモしておきましょう。

やはり、Twitterで商品を売るケースが多くなっています。

そのため、Twitterでのリサーチはガッツリ行うことをお勧めします。

Twitterで物が売れやすい要因としては、以下の三つです。
・コミュニケーションのハードルが低いこと
・コミュニケーションのスピードが速いこと
・双方向のコミュニケーションが取りやすいこと


Twitterでは「どんな商品が売れているのか」と
「誰がそれを売っているのか」を、リサーチしていきます。

Twitterでは、多くのコンテンツが販売されています。

Twitterでのリサーチ特有なのは、誰がそれを売っているのかです。

数え切れないほどの商品が存在しているので、
調べながら内容を精査していく事も重要になってきますね。

5,差別化ポイントを考える


思ったよりも自分が考えた商品に近いものが、
既に出回っているなと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

安心してください。全く不安になる必要はありません。


ここからが超重要です。

出回っているということはそれだけ市場が大きいということなのです。

大きい市場の数%を取れるだけでも、かなり大きな収益に繋げることができます。



市場の認知が既にできていて、市場の認知を私たちが行わなくて良いので、早い段階から売れやすいという利点もあります。

それでは、大きい市場の数%をどう取るかという点を考えていきましょう。



結論から言うと、、
徹底的に市場を分割し、より刺さる小さな市場にターゲットを絞ることです。


小さな市場にターゲットを絞ると、

 「買ってもらえる数が少なくなってしまうのではないか」と思う方もいるかもしれません。


しかしそれは大きな間違いです。

結果としてターゲットを絞ることで、ターゲットを絞らなかった時には見向きもしてもらえなかった名の売れていない商品でも、多くの顧客があなたの商品を発見することができるのです。


オンラインコンテンツ販売に関しても、既に多くの教材が出回っていますよね。


「商品を作れ!」とYouTubeやTwitterで多くの方が発信してますよね。


ただ、良く調べてみると、ほとんどの教材が仕組み化や自動化というところに焦点を当てていて、肝心の商品のアイデアをどう作るかについては、あまり解説されていません。


商品を作れと言っているようなインフルエンサーの方が「発信力が無くてもコンテンツ販売できます。


私もフォロワー3000人とかの時でも売り上げが出ていました。」と言っているのを聞いて、皆さんも疑問を抱いたことはありませんか?

どれも差別化ポイントにこだわることで、影響力が小さくても大きな収益を埋める構造になっているのです。

6,周りの友達に話してみる


ここまでである程度のアイデアが生まれていると思います。
ここからはやることがより明確です。

このフェーズでは、周りの友達や家族にアイデアを話してみましょう。

 SNS に投稿してみて周りの反応をチェックするのですが、その前に周りの友達や家族にアイデア話してみることで、説明が伝わりづらい部分や自分でも考え切れていなかったポイントが明らかになります。


商品を売る人にとって、Twitterはビジネスの場です。


なるべく良い状態で、情報を公開するためにも、まずは信頼できる周りの人に意見を求めることが大事になってくるのです。

あと、(ここだけの話)実際に商品を作っていく中で、
その友人や家族にトライアルをしてもらうこともおすすめです。

トライアルしてもらった感想を友達に書いてもらうことで、
商品の購入ページにユーザーの声としても載せることができます。


皆さんも経験があると思いますが、実際に体験したユーザーの声がサイト上に掲載されていると安心して商品が購入できますよね。


もちろん、オフラインでの友達に頼みづらい場合は、TwitterやInstagram等で仲の良い友達に、アイデアを話してみることやトライアルをお願いすることも良いと思います。



『 SNSで周りの反応をチェック』


最後のフェーズでは、 SNS でフォロワーがどんな反応するのかチェックしていきましょう。


例えば、「こういったコンテンツを考えています。興味のある方はいいねしてください。」とツイートするのがおすすめです。


ざっくりとしたアイデアが複数ある人は Twitter のアンケート機能を用いて、フォロワーの皆さんが興味があるアイデアを探ってみるのも良いです。


ここで自分の他の投稿よりも、いいねやリプなどの反応が良かった場合には、商品を作ったら売れるということが想像できますよね。


もちろん反応が少ない場合もあります。だからと言ってアイデアが悪いとは限りません。


何故なら、今考えているアイデアとフォロワーさんの傾向がマッチしていない可能性が有るからです。


見込み客となるフォロワーさんを集めてみてください。

もしそれでも反応が薄い場合には、アイデアを練り直しましょう。



ここでがっかりする必要は全くありません。

今持っているアイデアよりも良いアイデアを作れるのですから、むしろ喜びましょう!1回目では浮かばなかったアイデアもたくさん出てくると思います。


ここまでで反応が良さそうだった場合には、商品を作っていきましょう!

自分にもアイデアが作れそうと思っていただけたのではないでしょうか?


このようにアイデアを作るためには、センスは必要ありません。必要なものは、アイデアを作る技術であり、この技術は磨くことが可能です。

それを学んでから多くの受講生が、アイデアを作るのは難しいことでは無いと納得し、素晴らしいアイデアが出てくるようになりました。


アイデアが作れたら、実際に商品を作って売っていきましょう!

オンラインコンテンツ販売は、『商品を作成し自動化し販売する』
・商品作成には、得意分野・好きな分野のコンテンツ作成が作りやすい。
・利益率ほぼ100%。
・仕組みを確率し自動化で販売する。
・収益が無限大。
・時間に追われず自分のペースで進める事ができる。
・価格帯も決める事ができる。

今後もさらに伸びてくるビジネスモデルだと確信してます。

現在も多くのコンテンツが存在し飽和してるなんてことはないですね。








むしろ多くの人が参入してきてると言うことは無限の可能性しかない。


悩んでるならまずは行動し始めてみてはどうでしょうか。

きっと夢中になれると思います。

共に頑張っていきましょう😊