個人で稼ぐ時代

「できれば楽して稼ぎたい!」



賛否両論はありますが、
内心誰もが一度は思ったことがあると思います。



近年では、仮想通貨を利用して億単位のお金を稼いだとされる「億り人」も話題を集めましたよね。






中には高校生で「億り人」になった人もいると言われています。



仕組みを作り上げることができれば寝ながら稼ぐこともできるでしょうが、その前段階は、決して楽ではありません。



しかし、その間、「個人」の力を磨いている人は、「生きる=仕事」となるわけですから、気持ち、経験、スキルの幅も努力しないといけない環境下に否が応でもおかれます。




大企業であろうとワンキャリアの人とは、
変化激しい時代の対応力が断然違ってくるんですね。




自立して成功や失敗を繰り返すから、苦悩や葛藤を経験することが大切です。


マイクロソフト社を創業したビル・ゲイツは、世界有数の資産家としても知られています。そのビル・ゲイツは下記のように語りました。


「努力は当たり前、とにかく結果がすべて。世界は君のプライドを気にかけない。世界は君の気分など関係なく、君が何を成し遂げられたかを見ている」

天才の名をほしいままにするビル・ゲイツでさえ、努力を積み重ねているからこそ重みがある言葉ですね。



一流の人にとって、努力をすることは当たり前なのでことさらアピールすることはありません。


また、下記のような言葉も残しています。



・組織から個人の時代へ

現行の経済体制は、固定ではありません。


原始共同体から始まり、やがて生まれた封建制が崩壊し資本主義が生まれたように、時代に合わせて変化しています。




長く機能してきた資本主義も、リーマンショックあたりから限界を露呈し、新しい体制へと移行しつつあるのです。




インターネットの力を借りて、組織に所属しなくとも個人の力で稼げるようになってきています。

これからの時代は、魅力的な個人ほど、
富を得やすい環境がますます加速します!


見極める力は必要ですが、ネットの力を駆使すれば有益な知識を入手することは難しくありません。




すぐに稼げる人はいませんから、最初は泥臭い努力から始まります。

好きなことをとことん追求すればビジネスになる時代です。




ただし、ビジネスとして成立するまでの過程は、リスクをとり、失敗から学び、自分を信じて改善を積み重ねながら圧倒的な行動していく必要があります。





楽をして稼げる段階になるのは、ビジネスの仕組みが整って、自動的に機能するようになった後です。


多くの人は、自動化できる前段階で音を上げてしまいます。

個人で稼げる現代はとてもチャンスに恵まれた良い時代であると考えています。活かすも殺すも自分次第。




泥臭い努力の過程はシンドイかもしれませんが、ビジネスとして成立する段階を超えれば、より自由に生きやすくなる未来を掴めます!